UA-52023112-6
女性が喜ぶフラワーギフト・デコレーションギフト【メリアルーム】

2015年02月03日

バラの花の色にも意味、メッセージ性があります! バラ色の意味とは

bunchroses.jpg

女性が喜ぶフラワーギフト・デコレーションギフト【メリアルーム】


どんな花にも伝統や歴史、メッセージ性があります。また、色にも意味があり、拘る人が多いです。では、愛のシンボルと言われるバラの色にはどんな意味があるのか。その意味を知っていれば、自分の気持ちを再確認出来るし何よりメッセージを伝えられる。バラの色にはメッセージを伝えるという大事な役割があるんです。
言いたくても言えないことを色で表現出来るのである意味便利と言える。では、バラの色にはどんな意味が有るのか。

  • 赤:愛を表す一番分かりやすい色です。赤いバラを渡されたら間違いなく恋愛感情があることを意味します。バレンタインデーには一番定番な色ですね。

  • 白:純粋、純白を表す色です。この愛は純粋ですよというメッセージ性があるので白バラは主に結婚式特に新婚式に使われる。

  • 黄色:17世紀、18世紀頃はジェラシーを意味する色だったそうですが現在では友情や温かい感情を意味するように変化した。

  • ピンク:女性らしさ、エレガンスを意味する色ですが感謝している、幸せを祈るなどのメッセージ性が有ります。

  • オーレンジ:温かい色です。熱意や希望などのシンボルとされている。

  • パープル:どんな色とも奇妙にマッチング出来るので魔法や欲望、色気などのシンボルとされている色です。一目惚れというメッセージ性もあるのでバレンタインデーのギフトとして最適とされている。

  • 多色:組み合わせる色によって意味合いが違ってきます。例えば、赤と黄色の組み合わせは幸せ願う意味合いを持つ、赤と白の組み合わせは団結性、友情を意味する。


また、バラの本数にもメッセージがあります。
posted by ai at 08:50| バレンタインデー贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。