UA-52023112-6
女性が喜ぶフラワーギフト・デコレーションギフト【メリアルーム】

2015年02月03日

バラの花の色にも意味、メッセージ性があります! バラ色の意味とは

bunchroses.jpg

女性が喜ぶフラワーギフト・デコレーションギフト【メリアルーム】


どんな花にも伝統や歴史、メッセージ性があります。また、色にも意味があり、拘る人が多いです。では、愛のシンボルと言われるバラの色にはどんな意味があるのか。その意味を知っていれば、自分の気持ちを再確認出来るし何よりメッセージを伝えられる。バラの色にはメッセージを伝えるという大事な役割があるんです。
言いたくても言えないことを色で表現出来るのである意味便利と言える。では、バラの色にはどんな意味が有るのか。

  • 赤:愛を表す一番分かりやすい色です。赤いバラを渡されたら間違いなく恋愛感情があることを意味します。バレンタインデーには一番定番な色ですね。

  • 白:純粋、純白を表す色です。この愛は純粋ですよというメッセージ性があるので白バラは主に結婚式特に新婚式に使われる。

  • 黄色:17世紀、18世紀頃はジェラシーを意味する色だったそうですが現在では友情や温かい感情を意味するように変化した。

  • ピンク:女性らしさ、エレガンスを意味する色ですが感謝している、幸せを祈るなどのメッセージ性が有ります。

  • オーレンジ:温かい色です。熱意や希望などのシンボルとされている。

  • パープル:どんな色とも奇妙にマッチング出来るので魔法や欲望、色気などのシンボルとされている色です。一目惚れというメッセージ性もあるのでバレンタインデーのギフトとして最適とされている。

  • 多色:組み合わせる色によって意味合いが違ってきます。例えば、赤と黄色の組み合わせは幸せ願う意味合いを持つ、赤と白の組み合わせは団結性、友情を意味する。


また、バラの本数にもメッセージがあります。
posted by ai at 08:50| バレンタインデー贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

花束のバラの本数がもつメッセージとは

valentinerose.png

女性が喜ぶフラワーギフト・デコレーションギフト【メリアルーム】


愛のシンボルとしてバラを選ぶ男性が多い。確かにバラは女性に忘れられない強い印象を残す。バラのプレゼントが好き、ロマンチックな気分になるという女性も多い。でも、男達よ、贈るケースや場面、伝えたい内容によってバラの本数選びにちょっとした注意が必要です。バラの本数にはそれぞれメッセージ性があります。
さりげなく贈るのもいいですが、本数が持つメッセージについて言葉で伝えてから渡すとより気持ちが伝わりやすいでしょう。

  • 1本:初デートで一本のバラを持っていきます。一目惚れだったよという気持ちを表現している。恋人同士がある程度年数が経っている場合は以前と変わらず愛していますよというメッセージ性が有ります。

  • 2本:お互いの愛や愛情をより深めようと言うメッセージ性が含まれています。

  • 3本:意気投合してカップルになり1ヶ月のアニバーサリーギフトとして贈る伝統があります。

  • 6本:あなたに夢中ですよというメッセージが含まれています。

  • 9本:私たちは永遠に愛を育むよというメッセージが含まれています。

  • 10本:私たちの愛はパーフェクトだよというメッセージが含まれています。自分たちの愛への最高の感想ですね。

  • 12本:私の恋人になって下さいというメッセージが含まれています。告白する時に12本のバラを渡そう。告白の言葉はしっかり、はっきり!

  • 13本:永遠の友達であろうという意味合いが含まれています。恋人に13本のバラを渡していけないですね。

  • 15本:彼女に謝りたい時は15本のバラを持っていこう。

  • 20本:君への愛は本当に誠実だよというメッセージが含まれています。

  • 21本:君に自分を捧げるよという強いメッセージが含まれています。

  • 24本:私は君のものだよというメッセージが含まれています。

  • 25本:おめでとうとお祝いをする時に25本のバラを持っていこう。

  • 36本:全身を通して愛しているよという強いメッセージ性があります。

  • 40本:君への愛は本物だよというメッセージ性があります。

  • 50本以上:無限の愛、愛情を意味するメッセージ性が有ります。


など彼女へ贈る花の本数にもちゃんとしたメッセージ性が含まれているんです。バラは伝統ある花なので欧州では花束に入れるバラの本数を意識する人が多いそうです。
では、自分の気持ちをきちんと伝えて、すっきりしてバレンタインデーを気持ちよく過ごそう!
バラの色にもメッセージが有ります。
posted by ai at 08:58| バレンタインデー贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花の選び方、バレンタインデー彼女が喜ぶ花束

hanataba.jpg

女性が喜ぶフラワーギフト・デコレーションギフト【メリアルーム】


花は女性の心に一番残るプレゼントです。女性に花束を贈る男性は女性の気持ちが分かると評判がいい。では、バレンタインデーに彼女にどの花を選べば良いのか。どんな花が彼女を一番喜ばせるのか。是非この記事を読んでみて、彼女に似合った花を選んであげて下さい。

実は2月は選べる花の種類も一番多い時期で、花屋さんも一番忙しい時期なので定員さんも張り切っています。まだ寒い時期ですから花も自分を守る為に成分を濃くするので香りが強くなり、強さも増している状態です。良い花が選びやすいという事です。

春の花にはチューリップ、ヒヤシンス、ムスカリ、ラナンキュラス、スィートピー、アネモネなどがあります。バレンタインデーに地味じゃないかという意見もあるが季節にあった優しい色合いで、香りがいいという特徴があるので自然な感じを演出出来るかと思います。さりげない感じがあるので男らしさと繊細さを両方出せるプレゼントになるかと思います。実際にそんな意見を持つ女性もいるようです。せめて、メインではなく定番の派手な花とコラボすればいいかと思います。

では、定番の花であるバラ、ガーベラ、カラー、カーネーション。色鮮やかで強い印象を与える特徴があります。その中でバラは格別だと思います。恋の花という伝統もあり、それが世界中に広まっている。特に赤いバラというイメージが強いが、中には赤バラは恥ずかしい、ベタなど意見も少なくない。ピンクや白、黄色など色んな色があるので合わせてみるのもいいかと思います。バラを選べばバラの本数にも意味があるようです。

バラも良い選択肢ですが、それに拘る必要は無いと思います。自分のセンスを大事にすると説得力も増します。大体の花屋さんは花の知識やどんな女性がどんな花を好むのか知っているので相談して見ましょう。また、女性のイメージに合わせて花を選んでくれる花屋さんもいるので相談してみましょう。長年の経験ですから間違いが少ないでしょう。

最後に自分の気持ちを伝えるので花束は自分で選ぶのが一番男らしいです。相手女性の性格、その日の気分、好みなど考えて良い花を選んであげましょう。男らしくね!
posted by ai at 08:51| バレンタインデー贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。